オンラインカジノと聞くと、なんだか怪しいサイトで違法な賭け事をしているようなイメージがりますが、それ、正解です。実のところ、日本国内でオンラインカジノをする行為はどうにも解釈が分かれていて、逮捕されたりされなかったりするのが実際のようです。

カジノ法案なんて言うのが決まって各県にカジノ施設ができるみたいな話も聞いたことあると思いますが、どこならセーフで何がアウトなのか、全然わからないですよね。

オンラインカジノ検挙はお国の都合主義

オンラインカジノは基本外国にあるお店にインターネットを介して参加する形なので、ラスベガスに行ってポーカーするのと何ら変わりないんです。なので基本は逮捕されるようなことではないです。

でもなぜかオンラインカジノ関係でのニュースが出てたりしますよね。これはケースバイケースで色々あるのが原因なんです。

ダメパターン1:実は国内でカジノの店やってた。オンラインカジノなので店舗なしでもできちゃうからと言って日本国内でやると闇カジノ扱いで御用です。

ダメパターン2:外国のオンラインカジノの出入金を1手に引き受けるサービスやってみた。外国の口座の開設やら日本円での入金やらが面倒だから、そういうサービスを作って窓口にしてみたっていう事件がありまして、これもダメってことになったようです。

オンラインカジノに直接お金の流れを作るサービスも実質闇カジノやってる扱いになるという謎理論。しかも運営元に加えてブログ公開してたプレーヤーが御用になったりしてます。

ナンダコレパターン3:オンラインカジノで同じく逮捕されたプレーヤーが罰金払えと言われたときに「なら正式裁判だ」と反発したところ「じゃあ不起訴(無罪)」で、と言われるというトンデモ話があるんです。

罰金刑というのは「証拠もあるし、罪は確定してるけど軽微だから裁判略して罰金な」という話なので「正式裁判しろ」と反発したなら、証拠揃えて裁判をすることになるのが当たり前なんです。だって、略式にするだけの明確な罪状理由があるはずですから。

なのに「正式裁判しろ」と言われたら一転して不起訴で終わり。これは流石に何だこの検察はパターンです。

要するに今の所のオンラインカジノ事件はお国のご都合主義で成り立っているのが事実なんです。明確にオンラインカジノの違法性がはっきりしているわけでもなく、賭博ってことで過剰に反応しているのが実際。

やりすぎたら目をつけられるかも知れない、くらいなんです。

ベラジョンカジノで遊ぼう

インターネットでカジノを楽しみたいと思っているのであれば、ベラジョンカジノがおすすめです。安全にカジノを楽しむためにはまずは胴元が外国にあること、そして日本人を含む全世界の人を対象にしたサービスであること。

これらが揃ったら実質日本での運営ではなく、胴元も国から認定を受けているという話になって、ラスベガスにカジノしに行ったという状況と何ら変わりませんからね。ベラジョンカジノはこれらを満たしているので、不当に逮捕されるようなことはありません。

ただし、あまりにも大きなお金、1千万とかつぎ込むと、流石に怪しいとして目をつけられるかも知れないので、程々にしておきましょう。ベラジョンカジノだからと言って100%安心するのは得策じゃないですよ。

あとベラジョンカジノではゲーム種類数が半端ないくらい用意されています。その数なんと1300以上。ベラジョンカジノ人気はこの半端ない数のゲーム種類にも理由があります。

更にベラジョンカジノではジャックポットもあり、実際に大金ゲットの報告などもあってまさにアメリカンドリームを体験することができるのが良いですね。

そしてベラジョンカジノが何より一番嬉しいのは日本語対応なこと。これのおかげで日本人のベラジョンカジノ利用者数はかなり増えていて、パチンコ店が焦ってしまうくらいなのだそうです。

ベラジョンカジノを始めるならまさに今が旬なんです。
https://onlinecasino-gambler.com/